男の人

育毛剤を購入するなら効果のあるものがいい

ヘアサイクルを把握しよう

シニア

育毛剤を使用する前に発毛メカニズムについてよく把握しておく必要があります。メカニズムを知った上で適切な育毛剤を使用すれば高い効果を得ることができます。そもそも髪の毛にはサイクルがあります。これを毛周期といいます。成長期、退行期、休止期の3つの時期があります。髪の毛がどんどん成長するのが成長期であり、その成長が止まった状態が退行期になります。この時期の髪の毛は最も抜けやすいです。それから、髪の毛が抜けた後は新しい髪の毛が宿っています。この時期が休止期です。この休止期から成長期のときにケアをすると頭髪環境が改善されて発毛、増毛効果があります。実は退行期や休止期にある髪の毛はいくら効果の高い育毛剤を使用してもあまり意味がありません。

ミノキシジルが配合された育毛剤を使用すると髪の毛が細いものから太く丈夫なものに変質します。なぜこのようなことが起こるかというと、ミノキシジルが毛乳頭という髪の毛の成長を司る部分に強く働きかけて成長を促してくれるからです。ミノキシジルが用いられている育毛剤は数多くありますが、おすすめしたいのは医薬品として効果が認められているものがいいです。医薬品タイプの育毛剤であれば、若年脱毛症だけでなく壮年性脱毛症にもきちんと発毛効果を発揮します。ただし、育毛剤全般に言えることですが、1ヶ月程度使用してみてもあまり意味はありません。6ヶ月程度継続使用することでようやく効果があらわれてきます。したがって、長期使用を前提として使いましょう。

内服薬で薄毛治療

薬

AGAなどの薄毛を治すときに利用するのがプロペシアです。プロペシアは飲むタイプの発毛剤です。東京ならクリニックで手に入れれば血液検査もあって安心です。通販サイトは安いですが、自己責任で購入する必要があります。

もっと読む

薄毛専門の治療法がある

カウンセリング

埼玉のクリニックでaga治療を受けるときは、薬の治療以外の注射の施術もあります。育毛メソセラピーの施術を選ぶことで、有効成分を頭皮から直接吸収できるので、内服薬よりも高い効果を得ることができます。駅前で開院している専門のクリニックなら、通いやすいメリットがあります。

もっと読む

安心して通える病院を選ぶ

薬を飲む人

名古屋市内では男性型脱毛症の治療薬、ザガーロを処方しているクリニックがあります。安心して治療に専念できるよう、問診やカウンセリングに時間をかけてくれるクリニックを選びましょう。また、場合によっては検査を受ける事もおすすめです。

もっと読む